Archive for 9月, 2010

PostHeaderIcon パパゲーナ バルベーラダルバ

ピエモンテ、フォンタナフレッダ社のバルベーラです。

1

ラベルが物語の挿絵みたいで可愛らしいですね。
調べてみると、「パパゲーナ」というのはモーツァルトの歌劇『魔笛』に登場する鳥刺しの恋人の名前だそうです。
ラベルがこういう切り口なのも変わってて面白いです。
開栓すると、鮮やかなベリー系の香りがすぐに立ち上がります。
色は深みのある熟成されたルビー色。
バルベーラ種特有の酸味はもちろんあるのですが、そのわりにやわらかなタンニンでとろんとした飲み口のフルボディでした。
そろそろ秋の気配なのでポルチーニの季節だなぁと思い、合いそうなバルベラを仕入れてみたのですが、これはいいものを見つけたという感じです。

PostHeaderIcon しかし暑いですね

2ヶ月近く更新が止まってしまいました。
夏といえば自家栽培のハーブやら野菜やらと収穫の時期なのでネタも増えるだろうと思っていたのですが、
この暑さのせいでハーブ類はほぼ壊滅状態でした。暑過ぎるのもダメなんですね。
口を開けば「暑い!暑過ぎる!」に尽きてしまうのでなにか別の話題を探しつつ更新を止めていたのですが、
結局「暑い!」で書いています(笑)
記録を見てみますと、このあたりで8月に雨が降ったのは、8/12のたった1回。しかも夕方のほんの数時間だけでした。
内陸のほうでは夕立も多かったようですが、このあたりはサッパリでした。
そんな状況だったので畑も砂漠のよういカラカラ。時々ホースで水を与えていたのですが、お隣の農家の方に聞いたところ、あまりの猛暑では水遣りが逆効果になるとか。
ホースでちょっと遣る程度では表面だけが濡れて、その水分が異常な暑さの地熱に暖められて根っこが煮えたようになって枯れてしまうそうです。
ホースで遣るなら5時間も6時間も遣り続けなければ正しい効果が得られないということでした。
さすがにお店をやりながらそこまでは出来ないので、今年は半ば諦め状態で自然に任せてしまっています。
6月下旬には何組かのお客様に「バジルペーストのパスタはまだ?」と聞かれて、「7月中には始まると思います」とお答えしていたのですが、とうとう出来ませんでした。
今日あたりはまだ少し涼しいみたいですが(と言っても30度は超えてますが)これから9月10月とどんな感じになるんでしょうか。
まずは少し雨が降ってくれないと。

気象庁は、今年の猛暑が「異常気象」と認定しましたが、来年は正常に戻るんでしょうか。1年単位で見てもよくわからないですよね。
30年前、日本国内で米がとれる最北端は秋田でした。しかし今、米の栽培はかつて不可能だった北海道が日本一の米どころになろうとしています。
梅雨がなく涼しい北海道ですが、今年は6,7月と豪雨に見舞われ、夏は30度超えの日々。
「今年は異常でした」と言ってもそれが今後の「正常」に入れ替わらないとは限りません。

話が逸れました。

早く涼しくなってくれるといいですね。